カテゴリ:学ぶ( 14 )

塩谷定好写真記念館 & キワーノ

赤崎の神崎神社に行ったあと写真記念館へ。
塩谷家は代々広い意味で廻船問屋を生業としていて
その本宅兼事務所として明治時代に建てられたものです。

今は塩谷定好の写真のギャラリーとして使われています。

写真館は贅を尽くした佇まいで素晴らしいものでした。
うだつ、弁柄で仕上げてある格子窓、鉄刀木の床柱
漆塗りの床
b0181818_09434391.jpg
螺鈿仕上げの違い棚
b0181818_09434781.jpg
なかなか目につかないところに施された家の繁栄を願う彫刻細工
b0181818_09435067.jpg
手入れの行き届いた庭園。
b0181818_09433775.jpg
あれ?こんなところにイヌビワ?

手間がかけられていて上品がよく、そこにいることがとても心地が良い空間でした。


今年はだめと思っていたキワーノが
b0181818_09435451.jpg
b0181818_09435829.jpg
まだ小さいですが…どこまで大きくなるでしょうか。楽しみです。
イソギクの蕾がついています。
b0181818_09440283.jpg
楽しみ!

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-10-10 11:34 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

長伝寺 & 神崎神社

南条氏の居住地跡に建てられたという長伝寺。
b0181818_08420443.jpg
建てられたのは元禄15年だそうです。
石垣の下の部分は室町時代。
b0181818_08421716.jpg
この算木積みは後世のものだしうですが…。
寺門の鯱は珍しい外向き。
屋根に乗っているのは狛犬です。

その後倉吉の街中で昼食。ブラブラ歩いていると。お見事。
b0181818_08422181.jpg
ジュズサンゴ。

午後からまず神崎神社へ
見事なしめ縄と龍の彫刻。
b0181818_08423064.jpg
鳥取県民の建物100選に選ばれているそうです。

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-10-09 09:07 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

竹林公園へ

16日は船岡の竹林公園であったナチュラルガーデンマイスター講座に行って来ました。
以前関わったところは
b0181818_08531744.jpg
まだまだ幼く成長中のガーデンでしたがこれからの期待大です。
今はフイリカリガネソウ(Caryopteris divaricata'Show Fairy’)と
ノリウツギ(Hydrangea paniculata)ライムライトが頑張っています。

以前湖山池公園からお引越しをしてきたイトススキが素敵でした。
b0181818_08531461.jpg
秋がいっぱいのコーナー
b0181818_08530532.jpg
オミナエシの紅葉も綺麗!
b0181818_09084623.jpg
ガーデンガイドを楽しんできました。その後ハマナスのジャムのロールサンドとレモングラスのハーブティー。素敵な時間を過ごしてきました。


[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-09-18 09:12 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

岩美の歴史と人物を訪ねて その3

旧山陰道へ。
蒲生峠は昭和53年まで温泉町と岩美を結ぶ国道だったそうです。
標高356m。
下にトンネルが出来その役割を終えたそうです。
b0181818_18091058.jpg
今はその痕跡を
b0181818_18091667.jpg
b0181818_18092331.jpg
こんな様子で残しています。
歩いてみたいなあ。クマがでるそうなので…諦め❕

そして車窓から先日見た横尾の棚田を
b0181818_18095514.jpg

その後岩井廃寺塔心礎石(鬼の椀)を見てきました。

b0181818_18095920.jpg


[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-07-20 18:19 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

岩美の人物

尚徳大学大学の続き。
県境近くの蒲生(あれ?白地だっけ?)出身の山本兼文の工房跡を訪れました。
鳥取ではすぐにあっと思い出すこれの作者。
b0181818_09390028.jpg
中学校の美術の先生だったそうです。
こんな作品がいっぱい。
b0181818_09384795.jpg
b0181818_09385087.jpg
岩井小学校跡地にはひっそりと
b0181818_09390374.jpg


我が畑にはこれが実りつつあります。
b0181818_09391185.jpg
欲しい方、予約受付ますよ。
ただし渡せる方のみ( ´艸`)。
わが畑は只今カボチャ天国です。


[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-07-19 09:46 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

市民大学 山陰海岸ジオパーク講座

昨日は荒湯と照来カルデラを巡るがテーマでした。
まず新温泉町山陰海岸ジオパーク館を見学した後
98度を誇る湯村温泉の株湯と荒湯へ
b0181818_16425738.jpg
温泉の中の卵へ羨望のまなざし。とっても美味しそうに見えました( ´艸`)

その後照来盆地と県立但馬牧場公園へ。
昼食後愛宕山に登って見ました。
b0181818_16430175.jpg
b0181818_16430476.jpg
日差しは強かったのですが風は爽やか。
それからおもしろ昆虫博物館と上山高原エコミュージアムを見学して戻ってきました。

一見バラバラな見学に思えましたが
大地の変化の歴史とそれを活用しているその地域の人々という視点で見ると
きちんとつながっているのですね。

ジオパーク館の館長さんのお話は初めはよくわからなくブツブツ言っていたのですが
昼食の時席が近くいろいろお話している間にすっかり意気投合(失礼)。
私の頑なな心に一石を投じてくださった感じでした。

面白いなどうして?と思うことが大切とのことでした。

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-05-24 16:58 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

城東を歩く

作楽神社を見学した後、津山国際ホテルで昼食をとりました。
お昼休みに階段を登り
b0181818_08531122.jpg
b0181818_08531425.jpg
53号線から見えていたのはここ。繋がりました、今か?というご意見は無用(笑)

そして昔の家並み…
ここは出雲街道。
b0181818_08472653.jpg
まず洋学資料館を見学した後箕作阮甫旧宅を見学。
b0181818_08454437.jpg
綺麗にしてありましたがかなり傷んでいたようです。
鳥取にも改築すれば立派な建物がたくさんあるのになあ。

もう1軒旧梶村家住宅。江戸時代の商家だったそうです。
b0181818_08454729.jpg
b0181818_08455598.jpg
茶室
b0181818_08455154.jpg
大正時代に建てられた建物はドイツ壁の洋館でした。
この講座を受けなければ出合うことがない光景知り得ることがない知識…
この出合いに感謝です。

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-05-14 09:06 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

後醍醐天皇・児島高徳ゆかりの「作楽神社」と津山むかし町家探訪へ

全く知らなかった世界がまた一つ…
津山市の院庄にある神社。後醍醐天皇が隠岐に流されるときに立ち寄った守護職の館があった場所。
備前の児島高徳は天皇を助けようとしたのだが失敗した。
その時桜の幹に「天莫空勾践時非無范蠡」と掘って天皇を元気づけたという忠義のお話。
b0181818_08381452.jpg
ここが桜跡
b0181818_08381895.jpg

「天勾践を知らないか?」と問われて「知りません」と答えたら若いなあって言われました。
そうかなあ。

昼食後
b0181818_08382256.jpg
津山洋学資料館へ。
津山は多くの蘭学者(のちに洋学者)を排出した地。
解体新書を翻訳した杉田玄白と関係ある宇田川玄随・玄真・榕菴

幕末期の藩医 箕作阮甫は翻訳等で活躍した人だそうです。
話の中に鳥取藩の稲村三伯が出てきたのにここ鳥取ではなんと粗末に扱われていることか!

今回の尚徳大学郷土コースの気づきは三伯だったのか?と思う私でした。
 

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-05-13 09:11 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

米子城

こんな景色を見て
b0181818_11270236.jpg
ここに登りました。
b0181818_11271478.jpg
標高ほぼ90m。鳥取城は山城ですがここ米子は海城。
b0181818_11274437.jpg
b0181818_11273493.jpg
b0181818_11272341.jpg
目の前の海、秀峰大山が見えるお城、とても新鮮でした。



[PR]
by daisuki-forgetnot | 2016-10-07 11:33 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

お台場へ行く( ´艸`)

お台場ってよく耳にします。
地名のような感覚で全く考えることなく捉えていましたが近代日本の幕開けに重要な意味があるものだと分かりました。
ここは由良の台場。綺麗に残っています。
b0181818_07492930.jpg
b0181818_07494089.jpg
b0181818_07495457.jpg
遠くには大山(?)
b0181818_07500524.jpg

いつでもどこでも自然物
b0181818_07501816.jpg
手前の薄紫のニワゼキショウ似の花がわかりません。

続く

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2016-10-05 07:54 | 学ぶ | Trackback | Comments(0)

slow lifeに憧れながら、ばたばたとあわただしく過ごしている毎日をつづっていきます


by daisuki-forgetnot
プロフィールを見る