<   2017年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

小さい春と大きい春

お昼から見事な青空!
寒いけど気持ちイイ!
b0181818_19293215.jpg
扇ノ山の稜線が綺麗に出ていました。
車を停めて写真を撮ったはずなのに  ない  ありゃ?

小さい春は
b0181818_19292720.jpg
咲いているところもあるんですが…。
梅の香りっていいですねぇ。
早く咲いてね。


大きな春はこれ。
b0181818_19293765.jpg
もらっちゃいました。豪華でしょ。
(´∀`*)ウフフ。

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-28 19:35 | 日常生活の中で | Trackback | Comments(0)

近代遺産 洋館へ

樗谿公園周辺は神秘的で不思議な雰囲気が漂う空間です。
森を形成する樹々、東照宮神社等自然と歴史…。

そして洋館。
以前谷口ジローの漫画に精密に書き上げられた洋館を見て感動したことが印象に残っています。

ここ
b0181818_09134395.jpg
丁度1年前遺産に指定されたそうです。
前を通っていて見てみたい!と渇望していました(笑)。
そういう機会があると聞いて即行ってみました。
医院だったそうです。
素晴らしい建物。
b0181818_09125233.jpg
b0181818_09132141.jpg
b0181818_09133545.jpg
b0181818_09133079.jpg
左半分は戦後進駐軍の宿舎として増築が行われたそうです。
その名残が残っていました。
b0181818_09133977.jpg
ダンスホールとして使われた部屋の壁画…( ´艸`)
まだまだ面白いことがいっぱい。
でも惜しいのは傷み方…だれかが手を入れてくれるといいんだけど…。

夢が1つ叶いました。

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-27 09:23 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

宇倍神社

昨日のいなば国府ガイドクラブの沖さんのお話で宇倍神社に石碑が立っているとのこと。
即行動。

10基中4基を見つけました。
まず入り口に
b0181818_17290400.jpg

谷底にただ白く見える流れなり

次に
b0181818_17290990.jpg
これ象形文字?なかなか読めないよぉ。
葱がよく出来てとっぷり暮れた家ある


そして高いところに
b0181818_17285421.jpg
汽車慌しく過ぎし踏切を渡りゆく乞食
この時上からどさっと雪が。雪かき中でした。

b0181818_17290110.jpg
高浪打ち返す砂浜に一人を投げ出す

まだありますかと雪かき中の方に尋ねると台だけみたい。
また来ますと言って帰ってきました。
只今119基中106基。あと13基。


[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-26 17:42 | 放哉碑 | Trackback | Comments(0)

あれから随分経ったのですね

出版は1997年。今から20年前。
児童書、と思ってすぐには手に取らなかったのですが
姪の薦めで手に取って、はまってしまいました。
想像もつかない世界に連れて行ってくれました。
面白く夢中で読みました。

新刊が出て読みたいと思うと同時にもう名前を忘れてしまったし…
と躊躇しましたが結局読んでしまいました。

脚本形式で書かれていたためでしょうか案外読みやすかったです。
この本の趣旨は?もう少し考えてみよ。
読んだ本はこれでした。
b0181818_19035907.jpg




[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-23 19:06 | 読書の記録 | Trackback | Comments(0)

見ると撮りたくなる…

もう病気かも( ´艸`)

美しいって罪ね。







b0181818_16325421.jpg
b0181818_16325707.jpg
b0181818_16330159.jpg
b0181818_16330442.jpg
b0181818_16330892.jpg
ボケボケ…
被写体はいいんだけど腕が ぁ

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-21 16:35 | Trackback | Comments(0)

自分のいない世界

星野道夫さんのエッセイの中にたくさん出てきた言葉。
いつも私の中に存在している。
星野さんは自分がいない世界でも
「確かにゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅に
そのことが意識できるかどうか、それは天と地との差ほど大きい。」
と。そうだよねぇと頷く私。

話は飛ぶが昨日届いた本。
私が理解できていなかったAmazonの仕組み。
値段的に見て新刊だと思っていたが古本だった模様。

本に小さな紙が挟んであった。
手で千切った紙に細かいきれいな字で
「芸術に対する興味・関心を深めていきたい。
 自分の感受性にハマるものにふれたい」と
私の琴線がピリリとなった。

同じことを思う人がいる。しかも私の前のこういう現れ方・タイミングで…
会ってお話したいなあ。




[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-19 08:58 | 読書の記録 | Trackback | Comments(0)

やって来ました

こたつむり族のお供で本づいています。
少し前のNHKラジオのすっぴんで高椅源一郎さんが紹介していた本が来ました。
Amazonでポチッ。今回はコンビニで受け取りをしてみました。
それがまさかの店舗違い!
雪の中歩いて行ったのに…。すぐ近くのお店だったのに…。
いろいろ勉強になりました( ´艸`)

買った本は
b0181818_20195240.jpg
著者は大好きな映画「かもめ食堂」の片桐はいりさん。
源一郎さんは表現の巧みさを語っていました。
しっかり読み進めていきます。

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-18 20:36 | 読書の記録 | Trackback | Comments(0)

本 ホン ほん

動く気力なし。こたつむり族に趣旨変更
こんな私を救ってくれたたくさんの本
(リクエストしたハリーポッターは来なかったけど( ´艸`)
これはほんの一部ですが
b0181818_17240260.jpg
う~んとう~んと豊かな気持ち!
明日は片桐はいりの「私のマトカ」も来そうだし…。

他ブログですか面白いことをしていました。
あなたは何でできているの?です。

私は夢見がちな彷徨える子羊タイプ。
   花畑 10%
   希望 20%
   メルヘンすぎる夢 70%

ある意味当たっている。
そしてしっかり目を開いて現実から目をそらさないように…

うんうん適切なアドバイス(笑)


[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-17 17:31 | 読書の記録 | Trackback | Comments(0)

雪道を歩く🎶

ボタニカルの教室で万葉歴史館へ。
その気になれば車は動かせたのですが歩いてみよ、雪景色を楽しんでみよと考え…
往路50分復路45分くらい歩きました。12,000歩。

久々の青空と雪景色を味わってきました。
b0181818_19531061.jpg
b0181818_19531525.jpg
b0181818_19531828.jpg
b0181818_19532335.jpg
b0181818_19532768.jpg
雪はサクサクになってきました。
路肩は雪だらけで道幅は十分ではありませんが明日から車を動かします。
まずはワイパー直しと灯油購入からかな。

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-15 20:00 | 日常生活の中で | Trackback | Comments(0)

大雪のための大混乱

路上にたくさんの雪がありすれ違いが出来ず…
スタックしている車多数。
バスは昨日と今日運休。
今までの雪と何だか違う感じです。
33年ぶりとか…うっすらと思い出すことが出来ます。
給食の食材不足、雪がたくさんあった路肩で車をよけている自分。
そこまでどうして行ったのかは思い出せないけど多分バスだったのかな?
でもここまでは混乱していなかったような気がします。

今回の雪で困ったこと
b0181818_11132315.jpg

ワイパーぐにゃり 立てておいたんだけどね。
b0181818_11133666.jpg

除雪車の雪
一応道をあけていたんでけどそこが固い雪でふさがれてしまって…
少しあいているところは新聞屋さんが通った後。
今回は除雪の方法が変わったのか3日間くらい放置。
そのため路上の圧雪が半端ない。
そして昨日の夜このように…。

有り難いんです、かいてくださるだけ…。でもね困るんです。
このモヤモヤかん どこに持って行けばいいんでしょう…。
単なる愚痴ですね。

そんな中での挨拶。雪に対すり共感が
転びそうになった時小学生がかけてくれた大丈夫です。のことばかけ。
確かに大変なのですが心がほっこりするようないいこともあるんですよね。

[PR]
by daisuki-forgetnot | 2017-02-14 11:24 | 日常生活の中で | Trackback | Comments(0)

slow lifeに憧れながら、ばたばたとあわただしく過ごしている毎日をつづっていきます


by daisuki-forgetnot
プロフィールを見る