別子銅山

明治いえそれ以前から日本の発展を支えた大きな産業の一つ。
明るい面だけを考えていましたがきっと大変の歴史を抱えているだろうと考えると
サクサクと取り組むことが出来ませんでした。やっとですが…。

b0181818_8344393.jpg

元禄時代、最初に開いた坑口、歓喜間符。以後200年間ここが主たる生産抗になる。
そしてここ別子に大きな町が出来上がりました。

働いていた人たちの住宅跡
b0181818_8382682.jpg


b0181818_91243.jpg

小学校もあったそうです。
b0181818_8401939.jpg


神社も

b0181818_841831.jpg

焼鉱窯跡地
b0181818_8413835.jpg


b0181818_84256.jpg

町の様子がどんどん変化してきたことが伺い知れます。

ここには運搬用の上部鉄道の線路跡がありました。
b0181818_8463989.jpg

この道は楽でしたが…(笑)

これも面白かった。
b0181818_8473455.jpg

風呂谷。甌穴かな。

アケボノツツジはとっても美しかったがこのアケボノツツジが出現したことは
この銅山の負の部分の関係があるらしいと知ると手放しで美しさを堪能できない気持ちになってしまいました。
[PR]
トラックバックURL : https://calceolari.exblog.jp/tb/25814580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by daisuki-forgetnot | 2016-05-19 09:01 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

slow lifeに憧れながら、ばたばたとあわただしく過ごしている毎日をつづっていきます


by daisuki-forgetnot